NKの映画日記~今日の映画はこれで決まり~

映画鑑賞がとにかく大好き!そんな私が、鑑賞した映画の感想を記録していきます!

映画「ラ・ラ・ランド」 作品情報 感想 あらすじ 結末(ネタバレ注意) 

 

ノリノリな音楽にダンス。恋愛の楽しさや切なさ。

 数々の賞を受賞したミュージカル映画

 

恋愛を取るか、夢を取るか。

夢を追うことは、孤独なんだと改めて感じた。

 

今回はそんな映画「ラ・ラ・ランド」を

最後の意味は?曲は?

などに触れつつご紹介していく。

 

 

作品情報

 

<タイトル>

ラ・ラ・ランド

 

<原題>

La La Land

 

<公開年>

2016年

 

<監督>

デイミアン・チャゼル

 

<脚本>

デイミアン・チャゼル

 

<キャスト(役名)>

ライアン・ゴズリング(セバスチャン/セブ)

エマ・ストーン(ミア)

ジョン・レジェンド(キース)

ソノヤ・ミズノ(ケイトリン)

J・K・シモンズ(ビル)

 

<受賞歴>

第41回 日本アカデミー賞 最優秀外国作品賞(2018)

第89回 アカデミー賞 美術賞(2017)

第89回 アカデミー賞 撮影賞(2017)

第89回 アカデミー賞 歌曲賞(2017)

第89回 アカデミー賞 作曲賞(2017)

第89回 アカデミー賞 監督賞(2017)

第89回 アカデミー賞 主演女優賞(2017)

第74回 ゴールデングローブ賞 脚本賞(2016)

第74回 ゴールデングローブ賞 作品賞(ミュージカル・コメディ部門)(2016)

第74回 ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)(2016)

第74回 ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)(2016)

第74回 ゴールデングローブ賞 監督賞(2016)

第74回 ゴールデングローブ賞 作曲賞(2016)

第74回 ゴールデングローブ賞 主題歌賞(2016)

第41回 トロント国際映画祭 ピープルズ・チョイス・アウォード(2016)

第42回 ロサンゼルス映画批評家協会賞 作曲賞(2016)

第70回 英国アカデミー賞 作品賞(2016)

第70回 英国アカデミー賞 主演女優賞(2016)

第70回 英国アカデミー賞 撮影賞(2016)

第82回 ニューヨーク映画批評家協会賞 作品賞(2016)

第22回 放送映画批評家協会賞 作品賞(2016)

第22回 放送映画批評家協会賞 オリジナル脚本賞(2016)

 

監督プロフィール 

名前:

デイミアン・チャゼル

 

生年月日:

1985年1月19日

 

出身地:

アメリカ合衆国 ロードアイランド州 プロビデンス

 

職業:

映画監督、映画プロデューサー、脚本家

 

受賞歴:

アカデミー賞 監督賞 「ラ・ラ・ランド」(2016)

放送映画批評家協会賞 監督賞 「ラ・ラ・ランド」(2016)

放送映画批評家協会賞 オリジナル脚本賞 「ラ・ラ・ランド」(2016)

英国アカデミー賞 監督賞 「ラ・ラ・ランド」(2016)

ゴールデングローブ賞 監督賞 「ラ・ラ・ランド」(2016)

ゴールデングローブ賞 脚本賞 「ラ・ラ・ランド」(2016)

 

作品:

Guy and Madeline on a Park Bench(2009)

Whiplash(2013)

グランドピアノ 狙われた黒鍵(2013)

セッション(2014)

ファースと・マン(2018)

 

キャストプロフィール

 

名前:

ライアン・ゴズリング

 

生年月日:

1980年11月12日

 

出身地:

カナダ オンタリオ州 ロンドン

 

職業:

俳優、ミュージシャン

 

主な作品:

きみに読む物語(2004)

ラースと、その彼女(2007)

ブルーバレンタイン(2010)

ラブ・アゲイン(2011)

ドライヴ(2011)

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012)

ナイスガイズ!(2016)

ブレードランナー2049(2017)

ファースト・マン(2018)

 

受賞歴:

ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)「ラ・ラ・ランド」(2016)

 

 

名前:

エマ・ストーン

 

生年月日:

1988年11月6日

 

出身地:アメリカ合衆国 アリゾナ州 スコッツデール

 

職業:

女優

 

主な作品:

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007)

ROCKER 40歳のロック☆デビュー(2008)

ゾンビランド(2009)

ラブ・アゲイン(2011)

ヘルプ~心がつなぐストーリー~(2011)

ステイ・フレンズ(2011)

アメイジングスパイダーマン(2012)

クルードさんちのはじめての冒険(2013)

アメイジングスパイダーマン2(2014)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014)

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017)

女王陛下のお気に入り(2018)

 

受賞歴:

アカデミー賞 主演女優賞「ラ・ラ・ランド」(2016)

ヴェネツィア国際映画祭 女優賞「ラ・ラ・ランド」(2016)

放送映画批評家協会賞 アンサンブル演技賞 「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」(2011)

放送映画批評家協会賞 アンサンブル演技賞 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(2014)

放送映画批評家協議賞 アンサンブル演技賞 「女王陛下のお気に入り」(2018)

MTVムービー・アワード コメディ演技賞 「小悪魔はなぜモテる?!」(2011)

英国アカデミー賞 主演女優賞 「ラ・ラ・ランド」(2016)

ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) 「ラ・ラ・ランド」(2016)

全米映画俳優組合賞 主演女優賞 「ラ・ラ・ランド」(2016)

全米映画俳優組合賞 キャスト賞 「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」(2011)

全米映画俳優組合賞 キャスト賞 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(2014)

 

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。

 

映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。

 

ある日、ミアの場末のバーでピアノを弾くセバスチャンと出会う。

彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。

 

やがて2人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから2人の心はすれ違い始める。

 

結末

ミアとセバスチャンが別れて5年後。

 

ミアはオーディションに合格し、女優として成功していた。

彼女はセバスチャンではなく、別の男性と結婚し子供を生んでいた。

 

セバスチャンはロサンゼルスでジャズバーを開いていた。

 

ある日、ミアは夫とディナーを取った後ふらっとジャズバーに立ち寄った。

何も知らず入ったそこは、セバスチャンが開いたお店だった。

 

セバスチャンが開いたジャズバーだと気が付いたミア。

ミアがジャズバーにいることに気が付いたセバスチャン。

 

彼は2人の思い出の曲を弾き出し、

そこから彼らのもしもの空想世界が始まる。

 

その空想は、彼らの出会いから始まる。

何もかもが上手くいき、彼らは結婚し子供を生む。

 

現実世界に戻る彼らは、互いに話しかけることもなく、

ミアはジャズバーを出ていく。

 

振り返る彼らは、微笑みあい物語は終わる。

 

感想

歌、ダンスで始まる冒頭が最高。

出だしからノリノリになれてよかった。

 

映画館でセバスチャンとミアが徐々に手をつなぐシーンは、

ドキドキして、キュンキュンして、ニヤニヤした。

 

エマ・ストーン表情の多彩が素晴らしかったと思う。

オーディションに対する絶望や怒り、審査員たちに作る作り笑いの切り替えが最高だった。

 

ライアン・ゴズリングセクシーさが何とも言えなかった。

 

更にはライアン・ゴズリングが実際にピアノを弾き、

エマ・ストーンが実際に歌を歌い、

彼らのエンターテイメント性に圧巻された。

 

か。

自分ならどちらを取るのか。ずっと考えていた。

夢に近づき、2人の恋が遠くなり、切なくなった。

 

やりたい事って何だろうか。

成功する事なのか。誰かを守る事か。好かれる事なのか。

 

ただただ、自分の夢に没頭して、全力で、

夢に向かいたいと強く感じた。

 

恋を取らず、夢を追いかけ、叶えた彼らは、

キラキラと輝いていた。

 

最後の意味は?

この映画のラストは、

バッドエンドなのか?ハッピーエンドなのか?

私はズバリ、ハッピーエンドだと思う。

 

そもそもを考えてみる。

彼らの夢はなんだったのか。

 

まずはエマ。

彼女の夢は、女優になること。

そしてセバスチャン。

彼の夢は、ロサンゼルスでジャズバーを開くことだ。

 

彼らのどちらとも結婚ではない。

 

最後のもしもの空想世界では、彼らは結婚をし、

子供も産み幸せそうだった。

 

だが、あの世界ではエマは夢を叶えているが、セバスチャンは夢を諦めている。

 

しかし現実の世界では2人の恋は終わってしまったが、

彼らはずっと叶えたかった夢を叶えている。

 

よって彼らはお互いに幸せな生活を送っていると私は思い、

この映画は、ハッピーエンドだと考えている。

 

曲紹介?

1.Another Day of Sun

オープニング曲。

 

2.Someone in the Crowd

ルームメイトがミアをパーティに連れ出すシーン。

 

3.Mia and Sebastian's Theme

セバスチャンとミアが出会うシーン。

 

4.A Lovely Night

プールパーティでセバスチャンとミアが再会し、彼らの車まで戻り、タップダンスに合わせ歌うシーン。

 

5.Herman's Habit

ジャズが好きではないと言うミアをジャズバーに連れて行き、そこで演奏されていた曲。

 

6.City of Stars

セバスチャンが一人浅橋で歌う曲。

 

7.Planetarium

セバスチャンとミアが映画館を出て、天文台へと向かう。

その天文台で流れる曲。

 

8.Summer Montage/Madeline

夏、セバスチャンとミアのデートを楽しく爽やかに彩る曲。

 

9.City of Stars(duet)

現実が顔をだし、悩むセバスチャンがミアと共に歌う。

 

10.Start a Fire

セバスチャンが加入したキースのバンドで華々しく演奏された曲。

 

11.Engagement Party

セバスチャンがピアニスト役を務めた結婚式のパーティで演奏された。

 

12.Audition

オーディションでミアが叔母の物語を語りだすシーン。

 

13.Epilogue

ラストシーン。