NKの映画日記~今日の映画はこれで決まり~

映画鑑賞がとにかく大好き!そんな私が、鑑賞した映画の感想を記録していきます!

映画「告白」作品情報 あらすじ 感想 結末(ネタバレ注意)

 

 

最近だと、「渇き。」「来る」で有名な中島哲也監督。

 

そんな彼の作品。

サイコパスで異常さが予感できる今作をご紹介していく。

 

作品情報

<タイトル>

告白

<公開年>

2010年

<監督>

中島哲也

<脚本>

中島哲也

<原作>

湊かなえ

<キャスト>

松たか子(森口悠子)

岡田将生(寺田良輝

橋本愛(北原美月)

西井幸人(渡辺修哉)

藤原薫(下村直樹)

木村佳乃下村優子)

芦田愛菜(森口愛美)

 

<受賞歴>

第34回 日本アカデミー賞 最優秀作品賞(2011)

第34回 日本アカデミー賞 最優秀脚本賞(2011)

第34回 日本アカデミー賞 最優秀監督賞(2011)

第53回 ブルーリボン賞 作品賞(2011)

第2回 TAMA映画賞(2010)

 

あらすじ

とある中学の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、

教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語りだす。

 

「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです。」

 

教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく。

 

感想

とにかく異常だらけだった。

 

明るい恐怖なシーンだからこそより恐怖が恐怖を増したり、

謎で、不思議で、ずっと眉間にしわが寄っていた。

 

松たか子さん演じる悠子には、

心の何かが死んだようにパッとせず、

心の奥底にある闇が、怒りがふつふつとぐつぐつと煮えたぎっている様だった。

それを表には出さないからこそ、より恐怖だった。

 

また、彼女の復讐の仕方に一気に寒気がした。

担任だからこそ分かる彼らの性質を生かしていたと思う。

直接ではなく、じりじりと復讐する様が恐怖で快感もあった。

 

母に愛されたい修哉、母に愛されすぎる直樹。

彼らの相反する悩みが今回の事件に関係し、

反抗期の、センチメンタルなこの年代には、

やはり家庭の重要性が強く感じられた。

 

とにかく今作は、

恐怖恐怖恐怖、異常異常異常、サイコサイコサイコ

だった。

 

結末

学校の体育館に爆弾を仕掛けた修哉。

全国生徒が集まる中彼は爆発ボタンを押すがなぜか爆発しない。

 

そこに悠子から電話がかかってくる。

 

あなたが仕掛けた爆弾は私が回収し、

あなたのお母さんに送っときましたという彼女。

 

修哉が幼い頃に捨てられた母親。

それでも愛してほしい、気付いてほし頑張っていた彼だが、

彼の手で自分の母を殺してしまったのだ。

 

泣き崩れる修哉の元に悠子がやって来る。

そして言う。「な~んてね。」