NKの映画日記~今日の映画はこれで決まり~

映画鑑賞がとにかく大好き!そんな私が、鑑賞した映画の感想を記録していきます!

映画「サバイバルファミリー」作品情報 あらすじ 感想 結末(ネタバレ注意)

 

 

今回は朝ドラにも出演していた、泉澤祐希葵わかなが出演している、

映画「サバイバルファミリー」を鑑賞した。

 

突如電気が使えなくなった東京。

ある家族が電気を使えなくなったことにより、

新たに大切な何かを得ることが出来た。

彼らが失いかけていたその何かとは?

 

今回は映画「サバイバルファミリー」を、

ロケ地は?主題歌は?

に触れつつご紹介していく。

 

 

作品情報

 

<タイトル>

サバイバルファミリー

<公開年>

2017年

<監督>

矢口史靖

<脚本>

矢口史靖

<キャスト>

小日向文世鈴木義之

深津絵里(鈴木光恵)

泉澤祐希鈴木賢司

葵わかな(鈴木結衣)

時政三郎(斎藤敏夫)

藤原紀香(斎藤静子)

大野拓郎(斎藤涼介)

志尊淳(斎藤翔平)

 

第1回マカオ国際映画祭 コンペティション部門出品作品

 

あらすじ

ある日突然、電気が使えなくなり、その後ガス水道も止まってしまう。

 

このままでは駄目だと思い、東京に住む鈴木一家は母の実家の鹿児島に行ってみることにする。

しかし飛行機も飛んでおらず、彼らは自電車で行くことに。

 

そうして彼らの東京から鹿児島への自電車の旅が始まる。

その旅で彼らは、様々な人と出会い、成長していくのであった。

 

感想

映画冒頭、日本人がどれだけ電気へ依存しているかが描かれていた。

だからこそ、電気が使えなくなった時の彼らの不自由さが強く感じられた。

更には、2年半後の彼らの成長もより実感することが出来た。

 

とにかく小日向文世の父親役はあっぱれだった。

ダメっぷりが、ムカつきっぷりが何とも言えない。

文句ばっかりで、声が無駄にでかくて、すぐ怒って、口だけで、

とにかく子供たちが反抗期になるのも納得してしまった。

 

あれほど生魚を食べないと言っていた娘がネコの缶詰を食べたり、

あれほど携帯を手放さず大切にしていた息子がその携帯を捨てたり、

環境が変われば、人間も変わるのだと改めて実感した。

 

こんな状況でも笑顔で楽しむ家族との出会い。

こんな状況だからこそ楽しむべきなのか、笑顔でいるべきなのか。

少し意味は違くなるが、どんな時でも笑っていれば自然と楽しくなってくるのかと感じた。

 

豚を捕まえ、久しぶりに美味しいご馳走を口にした家族。

食べることの幸せが強く感じられた。そして彼らが生きてるって思った。

食べるって、生きるってことなんだ。

 

東京から鹿児島の旅で彼らは確実に成長していた。

人間として、たくましく成長していた。

この旅を通し、彼らは家族としての存在意義を知らぬ間に見出し、

家族の存在の大きさ、重要性を強く感じていた。

 

豚を皆で協力して殺すシーンでは共に笑い喜びを共有し、

素敵なシーンで印象に残っている。

 

結末(ネタバレ注意)

東京から鹿児島へ向かう道中、彼らは一匹の豚を見つける。

お腹が空いている彼らは必死に捕まえようとする。

無事捕まえた豚を食べるため、ナイフで切ろうとする彼らにある1人の男性が声をかける。

 

その豚はその男性の家畜だったのだ。

ひとまずその男性の家に招待された彼らはご馳走をふるまわれる。

 

元々ほぼ自給自足の生活をしていた彼には、

生きるための知恵が沢山あったのだ。

 

そして彼らはその男性に、このままここにいていいからという条件で逃げてしまった家畜の豚を捕まえてほしいというお願いをされる。

 

そして彼らの停電の中の幸せな生活が始まった。

 

しかし、どうしても鹿児島の母の実家の安否が気になる彼らは、

今ある幸せを手放し、自ら再び鹿児島への自転車の旅を始めるのだった。

 

その道中、橋があるはずの川には橋が架かっておらず、

しかしその川を渡らなければ鹿児島へ行くことが出来ない彼ら。

今までだったら文句を言っていた父が、落ちている木でボートを作り出す。

 

その姿を見た母と子供たちも諦めず、父と一緒にボートを作り出すのだ。

無事完成したボートで彼らは川を渡る。

 

しかし運が悪いことに雨が降り出し、父が川に流されてしまい行方が分からなくなってしまったのだ。

 

精神的にも体力的にも底を尽きそうな彼らは、途方もなくレールの上を歩いていた。

そこに電車の音が聞こえてきたのだ。

 

彼らの前には、なんと機関車が現れたのだ。

その機関車に乗り、彼らは再び希望を取り戻し鹿児島へと向かうのだ。

それでもやはり、父を亡くしてしまった悲しみは消えることがなかった。

 

そう思っていた彼らの窓の外に、

発火装置の火を持つ男が機関車に向かっ助けを求めていた。

その男が彼らの父だったのだ。彼はまだ死んでいなかったのだ。

 

無事父と再会できた彼らは、鹿児島へ到着し、

海で釣りをする祖父を発見するのだ。

 

それから2年半後。

 

鹿児島で自給自足の生活を続けていた彼ら。

ある朝、アラームの音で目覚める父。

町にはサイレンの音が鳴り響いていた。

 

彼らに電気が戻ったのだ。

 

東京に戻り元の生活を取り戻していた彼らだが、

彼らは電気がなくなる前とは確実に変わっていた。

 

彼らは家族として、しっかりと生活をしていたのだ。

 

 

ロケ地は?

今作の東京のシーンの多くは、東北にある、仙台・宮城県だったそうだ。

卸町や仙台市営住宅、そして長男の賢司が通う大学は東北学院大学土樋キャンパスで撮影が行われた。

その他には山口県兵庫県大阪府などでも撮影されたそうだ。

 

主題歌は?

今作の主題歌は、SHANTIが担当した。

 

楽曲は、スティーブン・フォスターの名曲

「Hard Times Come Again No More」

をカバーしたものだ。