NKの映画日記~今日の映画はこれで決まり~

映画鑑賞がとにかく大好き!そんな私が、鑑賞した映画の感想を記録していきます!

映画「怒り」 作品情報 あらすじ 感想 結末(ネタバレ注意)

2016年公開の映画「怒り」。

李相日監督で、豪華な俳優陣。

 

愛した人は殺人犯なのか。あなたを信じたい。

 

今回はそんな作品をご紹介していく。

 

 

作品情報

<タイトル>

怒り

<公開年>

2016年

<監督>

李相日

<脚本>

李相日

<原作>

吉田修一

<キャスト>

渡辺謙(慎洋平)

森山未来(田中信吾)

松山ケンイチ田代哲也

綾野剛(大西真人)

広瀬すず(小宮山泉)

宮崎あおい(慎愛子)

妻夫木聡(藤田優馬

池脇千鶴(明日香)

高畑充希(薫)

佐久本宝(知念辰也)

 

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。

窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、

『怒』の血文字が残されていた。

犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。

その行方は未だ知れず。

 

事件から一年後。

千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。

 

殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。

その顔は、出会った男に似ていた。

 

いつしか交際を始めた愛子と田代。

二人の幸せを願う洋平であったが、

前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。

 

同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。

しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。

 

ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と、

彼女を救えなかったことに苦悩する同級生の辰也。

親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。

 

愛した人は、殺人犯だったのか?

それでも、あなたを信じたい。

そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる。

 

感想(ネタバレ注意)

愛する人を信じられなかった自分への怒り、

信じていたのに裏切られた相手への怒り、

世間境遇など、様々な怒りがこの作品にはあった。

 

そしてその先には、不安哀しみ安堵優しさが必ずあった。

 

宮崎あおいさんの、舌ったらずな喋り方や、どこか不安定で今にも壊れてしまいそうな様がなんとも言えなかった。

それでもラスト、最初は迎えに来てもらった側だったのに、今度は彼女が東京駅に田代君を迎えに行き、確実に愛子は成長していた。

 

影がない、無邪気な笑顔が印象的だった広瀬すずさん。

それでも米兵に襲われるシーンは、目を背けてしまいたくなる程辛く、その後の彼女に降り注がれた闇がしっかりと表現されていた。

その後の浜辺での辰也君への怒りが印象的だった。

 

千葉、東京、沖縄に現れた3人。

話が進むにつれ、少しずつ謎や疑いが生まれていく様がきちんと作られていて、本当の犯人は誰なのかという疑問がずっとあり、飽きずに鑑賞できた。

 

また、彼らと出会った人々との関係が深くなるシーンなどもきちんとあった。

きっとこの中の誰かが犯人なんだろうという思う。

それでもそんな思いと同時に、そうであって欲しくないという思いも生まれた。

 

警察が捜査を進めていくうちに、犯人の闇が明らかになっていく。

これ程までに闇を抱えた人間が近くにいると思うと、ぞっとした。

 

助けたい。助け方が分からない。

そんな辛い思いがあるだろうか。

しかし私は、そう思うだけで十分なのではないかと感じた。

忘れず、思い続ける。

そういった思いが、いつか泉ちゃんを救うと思う。

 

優しさが見下しに見える犯人。

そんなプライドが生まれてしまった彼は、どんな人生を送ってきたのか。

そんなところも気になった「怒り」だった。

 

結末(ネタバレ注意)

ー東京ーではある日、真人が女性といるところを見てしまった優馬

彼が同性愛ではないのか、いや、それ以上の疑いを抱いてしまう優馬

直接真人に問いただしてしまう彼。

それからすぐ真人は姿を消してしまう。

やはり真人は犯人だったのか。

その後優馬に警察から電話が。

内容は真人を知っているかということだった。

怖くなってしまった優馬は知らないと答えてしまう。

 

ー千葉ーでは、どうしても田代への疑いを消せない愛子の父、洋平。

信じられないあまり、彼が2年間働いていたというペンションへ行ってみることに。するとある事実が。

 

なんと田代は違う名前で働いていたのだ。しかも2年間も働いていなかった。

 

愛子に事情を説明すると、彼は謝金取りに追われていることを話される。

しかしその借金は、田代が作ったものではなく彼の親が作ったものだという。

それでも田代君と一緒にいたいと話す愛子。

 

ある日彼は、ニュースで山神の整形後の写真を目にする。

それが田代に似ていると感じてしまう洋平。

そのことが娘の愛子にも伝わってしまった。

 

ある雨に日、愛子がずぶ濡れになりながら洋平の住んでいる玄関の前に立っていた。

そうして彼女は泣きながら言った。

「警察に通報しちゃった」と。

 

詳しく話を聞くと、彼女が田代にもし人を殺してなかったら昼までに帰ってきてと電話したのだそうだ。

そして田代は帰ってこなかった。

 

ー沖縄ーでは田中が辰也の民家で働いていた。

そんなある日、田中が辰也にある告白をする。

実は、彼も泉が米兵に襲われている現場にいたのだった。

俺だって何もできなかった。ただ「ポリス、ポリス」と叫ぶことしか出来なかったと。

涙を流しながら田中は告白をした。

 

しかしその日の夜、ある物音に起きる辰也。

民家のほうへ行ってみると、田中が大暴れしていたのだ。

水槽やら何やら、いろいろな物をめちゃくちゃにしていたのだ。

そしてそのまま、田中は姿を消してしまったのだ。

 

ー東京ーでは、消えてしまった真人を探す優馬

ある日真人が一緒にいた女性を優馬は発見する。

もしかしたら真人が今どこにいるのか彼女なら知っているのではないかと思い、優馬は話しかけてみた。

すると彼女から思いがけないことを聞かされる。

 

「私たちは施設で出会った。血は繋がっていないけど、本当の兄弟のような存在です。昔から真人は心臓が弱くて、ずっと薬でだましだましやってたんですけど、それも駄目で、この間茂みで見つかったそうです。」

 

彼女が血の繋がっていない兄弟だったこと、

そして真人が亡くなってしまったこと聞かされる。

 

あの時の警察からの電話は、そのことだったのだ。

真人を信じてあげられなかった。

優馬は彼女と別れ、街の中を自分に対する怒り、そして悲しみのあまり泣きなが歩いていく。

 

ー千葉ーでは、愛子が洋平と一緒に、警察の捜査が終わるのを待っていた。

指紋結果、田代の指紋と山神の指紋は一致しなかった。

その結果に泣き崩れる愛子。

愛する人を信じられなかった怒りが、彼女を哀しみへと突き落したのだ。

その後、愛子の元へ田代から電話が。

今まで田代がいなくなり、死んだように毎日を過ごしていた彼女だが、その電話には一生懸命に話しかける。

彼が東京駅にいることを知り、愛子はすぐに東京駅へと向かう。

無事再会できた彼らは、新しい人生を歩もうとしていた。

 

ー沖縄ーでは、田中が辰也の民家で大暴れし、姿を消した田中。

その彼を探すべく辰也は一人、彼らが出会った無人島の廃墟へと向かっていた。

廃墟へ入ると、そこには山神の事件現場に残されていた「怒り」の文字が。

また、田中が自分の顔をはさみで切りつけている姿を目にしたのだ。

辰也の物音に、田中は彼の存在に気が付く。

いつもの調子で辰也に話しかける田中だが、いきなり田中が彼に掴みより、ある話をする。

 

それは泉が米兵に襲われた夜。

影に隠れて笑いながらその姿を見ていたということだった。

 

信じていた相手に裏切られた怒りのあまり、

辰也は落ちていたハサミで田中を刺した。

 

その後警察に捕まった辰也は、

殺した理由を言うことなく、ただ「信じていたから許せなかった。」と言うだけだった。

 

それから数日後、泉は再び田中と出会った廃墟へと向かう。

泉が廃墟で目にしたもの、それは壁に書かれた「怒り」の文字。

そして泉が米兵に襲われたことを笑う田中の文章だった。

 

やりようのない感情を彼女は沖縄の海へ叫び、ぶつけるのだった。

 

ー警察署ーでは山神の事件の真相を知っているという男が連行されていた。

 

八王子夫婦殺害事件の当日は猛暑日だった。

その中を、山神は日雇いの仕事で指定された場所へ向かっていた。

少し歩いただけで汗で服はびっしょり。

その中を歩いても指定された場所が見つからない山神は会社へ電話をした。

すると相手からは、それは先週の仕事だとつたえられた。

ごめんなさいの一言もなく、電話の向こうで絶対に笑っていたと言う山神。

今自分がいる場所もわからず、近くにバス停もない。

途方に暮れた山神は、ある家に前で休憩をしていた。

運悪く、その家の住居人が帰ってきてしまったのだ。

奥さんが山神に優しくしたのが運の尽き。

彼はその優しさが見下しに思え、その奥さんを殺したのだ。

それから帰ってきた夫も殺し、山神はその家を後にしたのだ。