NKの映画日記~今日の映画はこれで決まり~

映画鑑賞がとにかく大好き!そんな私が、鑑賞した映画の感想を記録していきます!

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」 作品情報 あらすじ 感想 結末(ネタバレ注意) 助けを求めるのも優しさ。

 

 

以前、試写会に招待していただき鑑賞してきた。

 

絶対に泣く!鑑賞前からそう思っていた。

一体どんな方法でこの映画は泣かせにくるのか。

 

今回はそんな「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」をご紹介していく。

 

 

作品情報

タイトル:こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

公開年:2018年

監督:前田哲

脚本:橋本裕志

原作:渡辺一志

キャスト:大泉洋(鹿野靖明)

     高畑充希(安堂美咲)

     三浦春馬(田中久)

     萩原聖人(高村大助)

     渡辺真起子(前木貴子)

     宇野祥平(塚田心平)

 

あらすじ

幼い頃より難病の筋ジストロフィーを患い、

34歳になる今では体で動かせるのが首と手だけの鹿野(大泉洋)は、

ボランティアとして彼を訪れた医学生・田中(三浦春馬)と知り合う。

 

24時間365日だれかの介助がないと生きていけない鹿野。

それでも医師の反対を押し切り病院を飛び出し、

自ら集めた大勢のボランティアに支えられ、風変わりな自立生活を送る。

 

夜中に突然「バナナが食べたい!」と言い出すなど、いつも王様のようにわがままで、ずうずうしくて、おしゃべり自由な彼。

それでも自分自身に素直に生きる鹿野は、どこか憎めない愛される存在だった。

 

田中はそんな鹿野に振り回されてばっかり。

 

そんな田中の恋人・美咲(高畑充希)は、ある日鹿野の家にお邪魔することに。

その時、鹿野は美咲が新人ボランティアだと勘違いしてしまう。

しかも鹿野は彼女に惚れ、彼女へのラブレターの代筆を田中に依頼してしまう。

 

最初は戸惑い、わがままな鹿野に対して苛立ちを隠せない美咲だが、

鹿野やボランティアたちと共に時間を過ごす内に、

自分に素直になること夢を追うことの大切さを知っていく。

 

しかし鹿野の病状は徐々に悪化、体はますます自由が利かなくなっていく。

そんな鹿野には、生きているうちにどうしても叶えたい夢があった。 

 

感想

出来ないことは、素直に助けてもらおう。

 

ただのわがままだと思い、正直苛立ちを隠せなかった私自身。

しかし、彼が自由に生きるまでには様々な葛藤があった事実を知った瞬間は、

彼に対する見方がガラッと変わった。

 

自分に正直に生きる彼が、どこか羨ましく感じ、かっこよく見えた。

 

この映画には、病気恋愛家族色んな感動ポイントがあり、

涙なしでは鑑賞が出来なかった。

 

自由でどこか愛嬌のある大泉洋さん、

とにかく可愛らしい高畑充希さん、

完璧そうだけどどこかもろい三浦春馬さん。

 

それぞれが個性的な演技を見せてくれて、鑑賞価値は間違いなくあった。

 

結末(ネタバレ注意)

ある日、鹿野は容態を急変させて病院へ運ばれる。

唯一の武器である声をなくすことは鹿野にとって苦渋の決断といえたが、

生きるために鹿野は人工呼吸器をつけることを決める。

 

誰もが鹿野はもう2度としゃべることが出来ない、そう思っていた。

しかし、美咲が人工呼吸器をつけて話ができる状態になった実例を見つけた。

それから鹿野は主治医に内緒で声を出すための特訓を始めるのであった。

 

無事退院し喜び、安心するボランティアの皆。

しかしそんな中、鹿野のもとに田中から「ボランティアをやめる」という知らせが入ったのだ。

 

それでも鹿野は田中を退院記念パーティーに誘う。

その際鹿野は田中に「もう関係を絶ちたい」とも取れるような発言をされる。

 

そんな田中に鹿野は「本音で話せ。正直に生きてるのか、お前は」と問いかける。

しかし田中は「正直がそんなにいいことですか。振り回される身にもってくださいよ」と言いその場を去って行くのであった。

 

どこかすっきりしないまま、鹿野は退院記念パーティで美咲へプロポーズをした。

 

美咲は「鹿野さんは大切な存在だけど、好きな人がいて、まだもやもやしているからこれは受け取れない」と断った。

鹿野はそれを素直に受け入れ、美咲の想い人の相手は田中であると察した。

 

退院記念パーティー後、鹿野の主治医から

「いまのうちにやりたいことをやらせてあげて。」

と言われたボランティアの仲間。

 

そうして鹿野は人工呼吸器をつけてはじめてに外泊をするのであった。

 

しかしその旅行には、田中も、プロポーズを断り気まずくなってしまった美咲も姿を現さなかった。

しかし突如、鹿野が車いすからなだれ落ち、倒れてしまう。

 

鹿野が倒れたという知らせを受けた美咲と田中。

彼らが鹿野の元へ到着したとき、

彼らは倒れたはずの元気な姿の鹿野に迎えられ、明るいボランティアたちに囲まれた。

 

状況が理解できない美咲と田中。

実は、鹿野とボランティアたちほ嘘を付いていたのだ。

 

鹿野が倒れ、2人を呼び出し、仲直りをして欲しかったのだ。

そんな鹿野の思いを聞き、喧嘩をしていた2人は仲直りをすることが出来た。

 

その後、鹿野は42歳で天国に旅立ったのだ。

英検2級合格も、アメリカに行く夢叶わなかった鹿野だが、

その代わりに美咲は教師に、田中は医師になり夢を叶え、結婚したのだ。

 

確かに鹿野は夢を叶えることが出来なかったが、

彼は思いっきり自由に生き、人生を謳歌したのだ。