NKの映画日記~今日の映画はこれで決まり~

映画鑑賞がとにかく大好き!そんな私が、鑑賞した映画の感想を記録していきます!

映画「バード・ボックス」 作品情報 あらすじ 感想 結末(ネタバレ注意) 謎の「何か」の正体。

 

 

CMなどで大々的に宣伝されていた映画「バード・ボックス」。

 

アメリカでは目隠しをして危険なことに挑戦する「バードボックスチャレンジ」がはやり話題に。しかしそれは危険な行為として、Netflixからは注意喚起がされるまでに。

 

今回は海外で話題になった、「バード・ボックス」をご紹介していく。

 

 

作品情報

タイトル:バード・ボックス

原題:Bird Box

公開年:2018年

監督:スサンネ・ビア脚本:エリック・ハイセラー

キャスト:サンドラ・ブロック(マロリー)

     トレヴァンテ・ローズ(トム)

     ジョン・マルコヴィッチ(ダグラス)

     サラ・ポールソンジェシカ)

     ジャッキー・ウィーバーシェリル)

 

あらすじ

 

妊娠しているマロリー(サンドラ・ブロック)は、ある日突然訪れた世界の終り人類滅亡の危機に直面する。

 

謎の「何か」を見てしまった者たちは、次々と自らの命を絶ってしまったのだ。

それから5年。世界の人口は激減してしまった。

 

マロリーに出来ることは、残された幼い命を守り、決してその「何か」を見ないこと。

 

5年間、ここまで生き延びてきた母親が2人の子供を連れて、安全の地を目指す危険な旅に出る。

 

その旅に待ち構えていたものとは。

一体その「何か」とは何なのか。

 

感想

初めに言おう。

この映画を鑑賞しても謎の「何か」の正体は出てこなかった

謎は謎のまま、物語りはエンドロールを迎えるのだ。

 

ここからは私が思う、その「何か」に対する見解だ。

一体その「何か」とは何だったのか。

 

それは人間の内側、深い深い、それは奥深いところにある「なのではないかと感じた。それはきっと、嫉妬憎しみ嫌悪のようなものではないか。

 

だから既にその「闇」を強く持っていた者は、自ら命を絶つことはなく、より幸せを感じられることが出来たのではないか。

 

正解は分からず、謎は謎のままだが私は鑑賞者それぞれの、その「何か」があっていいのではないかと思う。

 

次々と人々が命を絶ち街中がパニックに陥っている初めのシーンには、開いた口が塞がらなかった。

 

5年前と5年後が同時進行していくが、混同することはなかった。

むしろ時間が合致する瞬間は、清々しさがあった。

 

目を隠しての演技のため、目の表情が分からないのにも関わらず、サンドラ・ブロックの演技には物足りなさはなく、素晴らしかった。

 

ラスト、無事安全な地に辿り着いたマロニーたち。

そこは、盲目の学校だったのだ。

見えないことへの恐怖感をずっと感じていたが、盲目の人間にとってはそれが当たり前のことなのだと気付かされ、私自身の視野の狭さにはっとした。

 

結末(ネタバレ注意)

 川を下り、目的の安全の地を目指すマロニーと2人の子供。

しかしそこは本当に安全な地なのか、それともこれは罠なのか。

 

もうすぐで辿り着く、そんな時にマロリーと子供たちははぐれてしまったのだ。

 

「繋がりのない人間関係」という題の絵画を描いていたマロリー。

妊娠した時、心から喜べずどこか冷めていたマロリー。

 

しかしこの5年間で彼女は人として大きく成長していたのだ。

彼女は必死に、自分自身の命にも代えて子供たちを守ろうとするのだ。

 

3人は無事再会し、安全の地に辿り着けたのだ。

 

目を開ける3人。

彼らがいたのは盲学校だったのだ。

そこには、その「何か」に対する一切の恐怖がなく、幸せな空気で溢れていたのだ。

 

のように穏やかで、笑顔があふれる空間がそこにはあったのだ。